インプラント治療や入れ歯で楽しむ食事|カムバックトゥース

歯医者

歯の根っこに埋め込む

歯医者

インプラントが普及する前は、ブリッジという方法で失った歯の治療を行うのが一般的でしたが、インプラントはブリッジよりも優れた治療法です。
それは、ブリッジとは違って周囲の健康な歯を削ったりする必要がないからです。

ブリッジの場合、失ってしまった歯の両隣の健康な歯を削らなければなりません。
そうすることにより、健康な歯でも虫歯になりやすくなったりして、将来的にその歯も失ってしまう可能性が出てきます。
しかし、インプラントは失った歯だけを治療することができるので、両隣の健康な歯をそのままの状態で治療する事ができます。
また、ブリッジは食べ物のカスなどがブリッジの橋の下部に詰まりやすくなり、歯垢が詰まりやすくなってしまいます。
歯垢が詰まりやすくなると、虫歯や歯周病といった病気にもなりやすくなるので、食事後のメンテナンスなどが非常に大変でした、
インプラントの場合は、ブリッジのように器具を使う事もないので、食べ物のカスなども詰まり安くなるということもなく、歯垢が溜まりやすくなるという事もないので非常に便利です。
ですので、健康な歯の事を考えてもブリッジよりインプラントの方がオススメですので、歯医者などで治療を受ける場合はインプラント治療を受けることをオススメします。

ブリッジは、お手入れなども非常に大変で、見た目も金具が見えてしまう場合があるのであまり良くありません。
その点、インプラントはお手入れもブリッジのように入念にする必要もなく、金具が外から見えてしまうという心配もありませんので、見た目も良いです。